車の買取査定価格の一括比較サイトと一番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

トヨタ・カローラのビッグマイナーチェンジと業績の関係 その1

木村拓哉さんがCMしている、トヨタカローラシリーズがビッグマイナーチェンジしました。

カローラとトヨタについて2回にわたり記事にしてみます。

 

ビッグマイナーって何だ?!と突っ込んでみます。

単語を調べてみました。

 

ビッグとは?
「体が大きい」「規模が大きい」「大きい」「成長した」「立派な」「偉大な」などを意味する。

 

マイナーとは?
これは「~より小さい、より少ない、より劣る」を意味する。
また、「(他と比べ)小さい」「有名ではない」「知っている人が少ない」

「少数の」「短調の」「劣っている」「売れてない」などを意味する。

 

 

つまり、大きいけど小さい。
立派だけど劣っている・・・・。

 

という良く分からないチェンジです。

この言い方は昔から車業界にはありました。未だに違和感があります。

 

さて、カローラが誕生したのは1966年です。なんと来年で50年です。

 

「地球人の幸福と福祉のためのカローラを」を念頭に、常に時代の変化に応じた価値を創造し、
安心・実用・扱いやすさを優先したクルマとして進化する。がコンセプトらしいです。

 

今回のビッグなマイナーチェンジの大きな方向性は2つあります。

 

1、「キーンルック」の採用

 

トヨタは2012年発売の小型車オーリスから、

「グローバル展開する車種については、ひと目でトヨタ車だと分かるように、新型オーリスから『キーンルック』を採用する」としてきました。

キーンルックとは ↓

 

 

中央のエンブレム部を中心にして、ヘッドランプまで意匠がV字型に広がっている。

 

英語のキーン(Keen)が意味する「(感覚が)鋭い、鋭敏な」のように、知的で明晰な印象を与えることを意図したそうで、

 

この他、台形のロアグリルが特徴の「アンダープライオリティ」についても、開口部が車両底部まで開いたデザインを採用しています。

 

今後投入されるトヨタブランドのグローバル車は、このキーンルックと、より強調されたアンダープライオリティがフロントフェイスの特徴となります。

 

 

つまり、デザインはキーンルック+アンダープライオリティの強調とするのです。

 

というわけなんですが、ご存知でしたか。

 

最近のトヨタ車の「ツリ目で、お口あんぐり」顔は2012年からの世界戦略なんです。

 

 

 

 

・・・個人的には、あんまり好きではないですね。

 

「どや!!」っていう顔は。

 

 

ちなみに今売れに売れている「アクア」も次のモデルではキーンルックです。

 

 

左が現行型、右が次モデルです。

 

今のほうが可愛いと思うんですが、新型のいかつい顔には可愛い女子には受けないと思います。

 

(わざと可愛い女子を意図的に入れてみた)

 

 

 

で、今回のカローラの顔がどう変わったかというと

 

 

左が前モデルで右が新型です。

 

・・・・ダースベーダーのマスクのようで怖い・・・って思うのは私だけでしょうか。

 

 

 

 

この「どや顔」フロントマスクは日本人にはあまり受けは良くないようですが

 

グローバル戦略で海外では好調のようです。

 

 

5月8日発表されたトヨタ自動車の平成27年3月期の1年間

 

では売上高が27,234,521百万円

 

営業利益が2,750,564百万円

 

税引前当期純利益が2,892,828百万円

 

売上高営業利益率は10.1%

 

ということで売上高と純利益で過去最高を更新し、純利益は初めて2兆円を超えました。

 

 

 

主な要因は為替変動の影響や原価改善の努力に加えて、北米市場の業績が好調だったことです。

 

「カローラ」や「カムリ」などの売れ行きが良く、総販売台数は前期比18万6000台増です。

 

一方、日本市場は消費税増税の影響などで販売台数は同21万1000台減と落ち込んみました。

 

 

でも、ここで特筆すべき点は売上高営業利益率が10.1%もあるということなんです。

 

同じ平成27年3月期の決算報告で同業社を比較すると

 

マツダ自動車 6.7%  ホンダ自動車 5.2%  日産自動車 5.2%(予測)

 

普通の会社で売上高営業利益率が5%あれば優良企業です。

 

 

それをトヨタは10.1%ですから、日本国内では超優良企業です。

 

ただ、世界を見たらApple社などは24%前後という信じられない会社もあります。

 

 

 

話はそれましたが、トヨタは日本人の好みなど聞いていないのでしょう。

 

今後も北米や欧州に販路を拡大して好調な「カムリ」「カローラ」を売りまくる戦略です。

 

 

 

北米仕様のカムリも、どや顔です。

 

なんとなく「トヨタは車業界では世界一だぜ。どや!!」って感じがいやらしく見えてしまいます。

 

実際、世界自動車販売台数ランキング1位 は トヨタグループなんですが・・・。

 

もう少し謙虚さか欲しいです。

 

カムリの流れを汲んでカローラも欧米のお得意様にどんどん買ってもらおうと

 

(左が新型)

こういうお顔になさったのでしょう。

あくまでも個人的な趣味では旧タイプが好きです。

 

ただ、商売の鉄則は「売れているときに売れているものを売れているところで売ること」

ですから、今後もトヨタの快進撃は続きますね。

 

さて、今回のカローラのビッグなマイナーチェンジのもうひとつは。

 

2、安全装備「トヨタ・セーフティセンスC」の採用

 

全車に標準で装備される安全装備パッケージ「トヨタ・セーフティセンスC」とは、

フロントガラス上部に設置されたレーザーレーダーと単眼カメラという

異なる2種類のセンサーを利用して運転者に安全走行を促したり、補助をします。

 

個人的には「余計なお世話だ!」と言いたいです。その理由は・・・

おっと。紙面が足りませんので詳細は次回の記事にて。

 

愛車を売りたいなと思ったらこちらの記事が参考になります。

>>>車買取ネット無料一括査定に申し込んでみた結果報告

 

 

 

 

 

 

 

東京近郊エリアなら一番お勧め最新式
提携買取業者数が日本最大!
電話も査定も1回だけで500社に提示!
ズバット!!最大10社からの見積もり
9項目で簡単査定で10社から見積もり
楽天ポイント3000点貰える。9社見積
あきらめないで!!事故車買取専門店


全国対象・トラック買取専門店3社



「外車王」 輸入車・外車無料査定

カテゴリー
仮想通貨Wallet+国際CardのSB101