車の買取査定価格の一括比較サイトと一番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

GWゴールデンウィーク中の高速道路事故の特徴

GW中の高速道路事故の例

 

4月末から5月上旬にかけて連休のGWは交通事故も結構多いです。

特に高速道路での事故が多発しやすいです。

長時間の運転の疲労から中央分離帯や壁面へ接触したり、
渋滞中にブレーキが間に合わず追突事故が発生したりして、
死亡事故へと繋がったりしている場合が多いです。

 

渋滞中は何かと車内では退屈になりますから、携帯電話をいじりながらの運転が多くなります。

警察によると意外な追突事故も発生しているそうです。

 

例えば。

渋滞中にしばらくクルマが動かないことでスマートフォンをいじりはじめたら夢中になってしまい、
前方のクルマが動き出しているのに気が付かず、車間距離が開いてしまう場合です。
車間距離が開くと、左や右からそこの車線へクルマが車線変更して来ることが多々あります。
特に渋滞中では車間距離をあけている車両がいたら別車線の車両がドンドンと横から入ってきてしまいます。

入られる側の運転手からするとその状況下では間違いなくイラッとすることもあるでしょう。
そして車間距離あけまくっている車両に対してその後続車がイラッとして、クラクションを鳴らします。

するとスマートフォンを夢中でいじっている側は「あ、発進しなきゃ!」と慌ててアクセルを踏むことがあり、
そのタイミングで左や右から車線変更して自車の前にクルマが入り込まれて追突してしまう接触事故の発生も増えてきているようです。

 

根本的な部分では、渋滞中も注意力散漫にならないようにすればいいだけのことですので、
助手席に乗る同乗者は運転手にスマートフォンをいじらせるのは慎むようにさせたいですね。
また、こんな事故も有ります。

パーキングエリアやサービスエリアでの事故もGW期間中は特に多いです。
大半は子どもの飛び出し事故なのです。

休憩のために止まっている大型トラックの、その死角になっている脇から子どもが飛び出しで接触する人身事故の発生は、
親御さんがしっかり手を繋いでいれば防げる事故です。
休憩することからの気の緩みで放任してしまうのだけは注意してください。

子どもから目を離さなければ問題ないですけども、
駐車場内だけは本当に危ないので10km未満の速度で走れば飛び出しにもなんとか対応できたりします。
こんなところでつまんない人身事故なんて起こしたくないですからね。

仮に子どもが飛び出してぶつかるような「子供の飛び出し」に非が有っても
クルマを運転している側に大きな過失が発生してしまう弱者救済措置が
日本の法律ですから気を引き締めましょう。

 

このようなSAやPAでの事故は警察を呼ばずに示談で済ませることが多いようです。
一応、高速道路上で判別されますので、当事者同士のトラブルが発生してからでは遅いので、
そのまま示談にはせず、警察に1本電話を入れるようにしたほうがいいかと思います。

 

GW中の高速道路の事故原因として

 

普段から運転をしていないホリデードライバーの方々が多い理由も挙げられます。
休日しか運転しないにもかかわらず、ハードルの高い高速道路上での運転で緊張してしまうこともあるそうで、
出口を間違えてしまったり、追越車線を走行車線と同じように走行してパトカーに捕まって違反キップ切られたりとか多いと聞きます。

 

普通は一般道を走るよりも高速道路を走るほうが交通事故の件数は少ないのです。

ホリデードライバーさんの不慣れな運転と注意力散漫な行動がGW中の高速道路での事故原因とされる場合が多いです。

 

もちろんホリデードライバーの方に限らず、全ドライバーは注意力散漫にならないよう運転は心がけてください。

カテゴリー
東京近郊エリアなら一番お勧め最新式
提携買取業者数が日本最大!
電話も査定も1回だけで500社に提示!
ズバット!!最大10社からの見積もり
9項目で簡単査定で10社から見積もり