車の買取査定価格の一括比較サイトと一番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

一番安い自動車保険はどこ? 一括見積もりした結果報告

先日の一番安い自動車保険はどこ? 一括見積もりはサイトによっても価格が違うぞ

 

の記事では、「保険スクエアbang! 自動車保険」という一括見積もりサイトと

 

「自動車保険一括見積もりインズウェブ」というサイトの2つから同じ車の見積もりを依頼しました。

 

そうすると5~6日後には見積もりはがきが郵送されてきます。

 

見積もりはネット入力で行いました。

 

当然入力する情報、車種や個人情報は同一です。

 

ただし、混乱すると悪いので連絡先パソコンメールアドレスを変えて入力してあります。

 

 

そのため見積もりはがきも二枚ずつ到着しました。↓

先日の一番安い自動車保険はどこ? 一括見積もりはサイトによっても価格が違うぞ
<の記事で、「サイトが違うと同一車・同条件でも見積価格が違う」と書きました。

 

送られてきた見積書もそのとおりになっています。

画像はソニー損保の見積もりはがきです。

 

 

基本プラン保険料が32,150円と30,210円の2種類あります。どうですか。

笑ってしまいます。

 

まったくの同一車で同一条件で同一者が使うのに

「一括見積もりサイトが違うだけ」で1,940円も違うのです。

ある意味詐欺です。知らないということは怖いですね。

 

ある人が「ネットからの自動車保険一括見積もりサイトで保険料を比較できる」

ということを知りました。

確かに見てみたら安くなりました。

 

「やった!!得したぜ!」と喜んでいたら実はもっと安いサイトがあることを知らずに

2000円近く余計にボッタクられていました。。。。

なんてことになっているかもしれません。よく調べて行動しましょう。

 

 

さて、私はどうしたかというと見積もりをくれた8社の中から

「三井ダイレクト損保」を選びました。

一番安いのもそうですが、ネットでの利用者の声も高評価だったからです。

 

例えば
国内外の宿泊施設、レジャー施設など全国で75,000店舗以上の優待対象施設を

特別割引価格でご利用いただけます。

「走行距離」や「ゴールド免許」などの免許証の色に関係ない納得の保険料体系

でご提供しています。

「保険証券は手元にいらないよ。」とお考えの方!

 

業界初のeサービス(証券不発行)割引を選べば、インターネット契約割引に加え、

さらに500円が割り引かれます。

ご契約内容は、ご契約者さま専用の「Myホームページ」※で確認できるので安心です。

 

 

 

実際に自分もeサービス(証券不発行)割引を利用してさらに安く契約しました。

 

 

 

証券が無くても自分の契約内容は「三井ダイレクトのMyページ」に保存してあります。

 

Myページにはすぐにアクセスできるように携帯電話や

スマートフォンにお気に入り登録しておきましょう。

万一の時には電話をすれば、その携帯電話番号からオペレータがすぐに対応してくれます。

 

結果、私の車の現在の保険料40,680円は、24,260円となり、

16,420円も安くなりました。

 

どんな条件でも「三井ダイレクト」が一番安いとは限りません。自分で調べてみましょう。やり方は簡単です。

詳細は一番安い自動車保険はどこ? 一括見積もりはサイトによっても価格が違うぞで確認ください。

私が利用した自動車保険一括見積もりサイトで一番安かったサイトはこちらです。↓

 

こちら自動車保険一括見積もりインズウェブです。

↓ こちらをクリックして見積もりを取りましょう ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東京近郊エリアなら一番お勧め最新式
提携買取業者数が日本最大!
電話も査定も1回だけで500社に提示!
ズバット!!最大10社からの見積もり
9項目で簡単査定で10社から見積もり
楽天ポイント3000点貰える。9社見積
あきらめないで!!事故車買取専門店


全国対象・トラック買取専門店3社



「外車王」 輸入車・外車無料査定

カテゴリー