車の買取査定価格の一括比較サイトと一番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

車の個人間売買仲介業者「Ancar」なら売り手も買い手もお得です。

車の個人間売買はどんなイメージですか。

 

「車の個人売買のメリット」は何でしょう。

 

個人売買のメリットは、売る方は買取店よりも高く売れて、

買う方は中古車販売店よりも安く買える可能性があることです。

 

■仲介が入らないため、仲介料などがかからない

■本当に車を大事にしてくれそうな人に売れる

■消費税がかからない(個人事業主の場合はかかります)

■マニアックなカスタムパーツなどが評価される

■希少車が見つかる

 

などのことがメリットと言えるでしょう。

でもいいことばかりではありません。

「車の個人売買のデメリット」は何でしょう。

 

個人売買はトラブルが発生する場面が沢山あるので、しっかり対策しないと大変です。

見知らぬ相手と取引をするわけですから、相手を100%信用することはできません。

 

■譲渡手続きなどの書類関係を自分達でやらなければならない

■買取価格を適正に評価できない

■契約の立会人がいない

■「修復歴を偽る」などがあっても分からない

■故障などのトラブルの責任問題など

 

まとめますと

 

素人同士の車の個人間売買には大きなメリットはありません。
業者を介すと発生する仲介料や消費税、手続き代行費が不要となることくらいですが、
その分、手続きを自分たちで行わねばならず、大きなメリットとは言えないでしょう。

 

業者も敬遠する車や個人売買したい場合はどうするの?

 

一般的にはネットの一括査定などで複数の中古車買取業者に競合させて買取価格が決まります。

しかし、あまり低年式車ですと程度が良くても限度があります。

高く売りたいのなら、その車が好きな人に買ってもらえばいいので個人売買がベストです。

でも、個人売買は手続きやトラブルが不安でしたよね。

 

 

ではどうすればいいのでしょうか。

個人売買のデメリットだけ無くせばいいのです。

面倒な書類手続きや履修暦をチェックしてくれる代行人がいればいいのです。

 

 

車の個人間売買仲介業者「Ancar」(アンカー)は売り手も買い手もお得です。


車を買い替えしたいのに、どこの中古車業者も買ってくれないとか

低年式車で査定がありえないほど安かったとかで、次の車の資金が出来ません。

 

または、やっと買った中古車がすぐ故障して必要以上の修理費がかかったとか。

誰もそんな目にあいたくないですよね。

 

そこで登場するのが車の個人間売買代行業者の「Ancar」です。

 

従来の中古車売買ではいくつかの中間業者を通るたびに、手数料や消費税が加算されるため、

「車を安く手放し、高く買わざるを得ない」状況でした。

 

 

さらに90%の車が整備士を通らず「未整備」で流通していました。
「Ancar」は、これらの問題を解決する中古車売買仲介業者です。

 

中間に業者を通さずに、車を直接個人間に紹介します。

そのため「売りたい人は高く」売れるし「買いたい人は安く」買うことが出来ます。

 

 

 

また「Ancar」が査定と点検を実施しますので、事故車の無い高品質な車を提供されます。

売りたいときは手を上げるだけ、売買に至る面倒な手続きもすべてAncarが代行してくれます。

 

つまり、最高の車を最高の状態、最適な価格で売買できるシステムが

車の個人間売買代行業者「Ancar」(アンカー)なのです。

 

 

 

こちらにAncarのサービス内容を紹介した、1分ほどの説明動画があります。

こちらをごらん頂くと良く分かると思います。

 

 

 

会員登録は簡単。氏名・都道府県・生年月日のみです。

 

 

そして、現在の車の査定もメールで簡単査定してくれます。

とりあえずどれくらいの価格が付くのか簡単に分かります。

 

 

個人売買のメリットを十分に生かすことの出来るシステム

車の個人間売買仲介業者「Ancar」はこちらからどうぞ ↓

 

 

 

 

 

カテゴリー
東京近郊エリアなら一番お勧め最新式
提携買取業者数が日本最大!
電話も査定も1回だけで500社に提示!
ズバット!!最大10社からの見積もり
9項目で簡単査定で10社から見積もり