車の買取査定価格の一括比較サイトと一番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

個人売買のヤフオクや楽オクで車を売ってみた。

ヤフオクで車を売ることは高いハードルなのか?

 

ヤフオクや楽オク・モバオクなどのオークションサイトで物を売ったことはありますか?

という質問には「Yes!」の方は多いと思います。

 

では自動車やオートバイのような高額品はありますか。

という場合はあまりいらっしゃらないと思います。

おそらくこんな悩みがあるからでしょうか。

 

 

■ヤフオク何度も利用しているが、自動車のような高価なものは初めてで不安
■自動車引渡し後の故障やトラブルが心配
■ノークレーム・ノーリターンを表示をしても、落札者が難癖をつけてくるかもしれない
■名義変更や税金関係・ローンの残債処理など面倒
■トラブル時の法廷争いに備えての書類作成
■支払いはきちんとされるのか?

 

 

などですね。でも、不安がっていても始まりません。

実際にヤフオクでは約32,000台の自動車が出品されています。

 

 

そのすべてにトラブルがある訳では有りません。
そもそもヤフオクの自動車オークションがトラブルだらけのオークションだったら

こんなに続いていないでしょう。

 

 

あくまで当人同士の話し合いで「自己責任」で交渉は進みます。

売るほうも買うほうもトラブルに合わないようにしっかりと書面を残したり

必要であれば会話を録音するなどしましょう。

 

 

でも、安心してください。
今の時代は、よほどのことが無い限り普通に紳士的に交渉は進みます。

 

 

色々と調べてみるとネットの情報には「個人売買でトラブルに合わない方法」や

「車の個人売買に用意する必要な書類・物」などが簡単に分かります。

 

 

 

不明な点・不安な点があったら「ネットで検索」しましょう。

私が参考にしているサイトはこちらです。

 

 

Web自動車手続きミニガイド

Web自動車手続きミニガイドでは諸費用の節約に役立つ車庫証明・

名義変更などの各種手続きを中心に、中古車個人売買を安全に行なう

ノウハウや車の税金、リサイクル法、運転免許証、ナンバーについてなど、

ちょっと難しい車のアレコレに関して詳しく解説されています。

 

 

というわけで実際にヤフオクと楽オクに愛車を出品してみました。

 

 

ヤフオクと楽オクはどう違うの?メリット・デメリット

実は出品手数料の比較ではヤフオクのほうが高いです。
ヤフオクのシステム手数料は8.64%で、楽オクのそれは5.4%でした。

 

 

ただし、楽オクはさらにポイントとして1.08%が上乗せされるので、結局6.48%です。
この他にヤフオクは498円の月額利用料がかかり、一方で楽オクは銀行振り込み費用がかかりますが、

話を簡単にするために、楽天銀行の口座を利用したとして楽オクの振り込み費用は無料と考えます。

 

 

 

 

 

 

すると結局、ヤフオクの方が498円+(落札金額の)2.16%の分だけ出品手数料が高いと言えます。

さらに「自動車の出品利用料=3,024円税込み」がかかります。

 

にもかかわらず、ヤフオク出品者のほうが多いのは何故でしょうか。

出品手数料が高くてもヤフオクが有利

 

日本の個人オークションでは最大勢力がヤフオクだからなんです。

なぜか ⇒「見ている人が圧倒的に多いです」

 

見ている人が多い=アクセスが多い=入札数が多い=高く売れる確率が高い

ということになります。

 

もちろん出品したからには「高額での落札を期待」しているわけです。

ここがヤフオクに人気が集まる理由でしょうか。

 

トヨタMR-Sをヤフオクと楽オクに出品してみました。

こんな風に表示されます。

 

ヤフオク出品 トヨタMR-S

 

楽オク出品 トヨタMR-S

 

どちらも同じ車です。もちろん実際に販売しています。

 

興味ある方がいらっしゃいましたらお気軽に

ご連絡ください。

 

 

 

実際にアクセスはどれくらいあったのかとか、売れたのかどうか等の

報告は追ってレポートしたいと思います。

 

 

 

カテゴリー
東京近郊エリアなら一番お勧め最新式
提携買取業者数が日本最大!
電話も査定も1回だけで500社に提示!
ズバット!!最大10社からの見積もり
9項目で簡単査定で10社から見積もり