車の買取査定価格の一括比較サイトと一番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

「個人売買」なら輸入車・希少車・マニアックカーを高く売れます。

愛車を高く売りたいなら個人売買が一番

 

車は個人売買が一番高く売れます。

物の売り買いは途中に仲介業者が入れば入るほど「利益」が少なくなります。

 

例えば野菜や果物の直売所では、生産者の方と直接話し合って売り買い出来ます。

お互いに卸業者やスーパーの利益を負担しないために生産者は高く売ることが出来て

購入者は安く買うことが出来ます。

 

例えばスーパーで500円で売られているスイカは、卸業者は100円儲けて

スーパーが100円利益を上げているとしたら、生産者は300円しか儲かりません。

 

でも生産直売所では400円で売られていたら、買う人はスーパーよりも100円安く買えるし

売る人は100円多く儲かります。売る人も買う人もどちらもWin-Winの関係です。

 

自動車の個人売買もそれと同じことです。

しかし、実際には個人売買はあまり普及していません。

 

どうしてでしょうか。

面倒くさい手続きやトラブルがあるからなんですね。

 

例えば・・・・

■譲渡手続きなどの書類関係を自分達でやらなければならない

■買取価格を適正に評価できない

■契約の立会人がいない

■「修復歴を偽る」などがあっても分からない

■故障などのトラブルの責任問題など

 

こういった数々のデメリットを無くせばいいことばかりなんです。

■仲介が入らないため、仲介料などがかからない

■本当に車を大事にしてくれそうな人に売れる

■消費税がかからない(個人事業主の場合はかかります)

■マニアックなカスタムパーツなどが評価される

■希少車が見つかる

などのことがメリットと言えるでしょう。

 

車の買取価格が影響する要因とは?

 

いわゆる車の査定額を決める要因はどこにあるでしょうか。

車の査定額は新車時の販売価格や年式、走行距離が基本となるのは、ご存じの通りです。

 

しかし、その査定額が反映される中古車の販売価格を情報誌やインターネットで見ると、

新しいのに全体的に安い車種、古い年式のものでもあまり価格が落ちない車種というのも見かけます。

 

この要因は何でしょうか。それは、「車買取店のニーズ」に合うかどうかということです。

「車買取店のニーズ」は、中古車販売店のニーズとほぼ一致します。

 

つまり、あなたの車が中古車販売店が欲しい車や時期なら、買取店も高く査定してくれます。

でも、あなたの車が中古車販売店が探している車種ではない場合は買取価格も安いと言うことです。

 

輸入車・希少車・マニアックカーは中古車店のニーズは無いの?

 

輸入車・希少車・マニアックカーを高く買い取ってくれる中古車買取店は多くありません。

でも、そういう車を探している個人は多くいます。
高く売りたいのなら、その車が好きな人に買ってもらえばいいので個人売買がベストです。

あなたの車が輸入車・希少車・マニアックカーならそういう車が欲しい個人に売れば高く売れます。

 

 

そういう個人同士を結び付けてくれるシステムがあります。

個人売買のデメリットをなくして、面倒な書類手続きや履修暦をチェックしてくれる代行者がいます。

 

 

車の個人間売買仲介業者「Ancar」(アンカー)は売り手も買い手もお得です。

 

 

車を買い替えしたいのに、どこの中古車業者も買ってくれないとか

低年式車で査定がありえないほど安かったとかで、次の車の資金が出来ません。

 

または、やっと買った中古車がすぐ故障して必要以上の修理費がかかったとか。

誰もそんな目にあいたくないですよね。

 

そこで登場するのが車の個人間売買代行業者の「Ancar」です。
「Ancar」の詳細記事はこちらです。

 

 

お勧め記事

 

インターネット車一括査定の基礎知識 Q&A

 

あなたの代わりに無料で20社以上の車買取店を比較して選んでくれます。

カテゴリー
東京近郊エリアなら一番お勧め最新式
提携買取業者数が日本最大!
電話も査定も1回だけで500社に提示!
ズバット!!最大10社からの見積もり
9項目で簡単査定で10社から見積もり