車の買取査定価格の一括比較サイトと一番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

偏差値80以上の優等生2013年9月以降の現行アウディA3スポーツバックが100万円台で超お買い得な件

欲しい車の条件は人それぞれですが・・・

 

普段使える実用車で選択すると、私の場合はワゴン車になります。

大人4名が乗車出来て、荷物も載せられる、立体駐車場に入るというごくごく当たり前の実用性を考えるとワンボックスカーは大きすぎます。

 

1、走る・曲がる・止まるの走行性能

2、趣味の道具をサクサク積めること

3、スタイルの良さ

4、内装の質感

5、ブランド

6、経済性

7、価格以上の満足感のあるもの

 

といった条件を高次元でバランスしている車が、現行型アウディA3スポーツバックかなと考えます。

 

Carグラフィックの試乗記です

2013年に日本での販売が始まった現行A3は、MQBを採用した「ゴルフVII」の兄弟車。

今回が初のマイナーチェンジである。シングルフレームグリルの横幅が広げられ、エッジが強調された造形になった。

スポーティーさと先進性が強調されて、引き締まったいい顔である。

 

テールランプなどにも上級モデルと同様のデザインモチーフを用いたことで、車格が上がったような印象をもたらしている。

装備面では「バーチャルコックピット」が新しい。

すでに「TT」や「A4」で採用された多機能なデジタルディスプレイで、

ナビ画面やインフォテインメントシステムをドライバーの正面にあるメーターパネル内に表示する。

ほぼすべての情報が手に入り、便利この上ない。

当然ながらサーキットのタイムがどうこうという類の車ではないが、ステアリングからボディから足回りから、

とにかくもうすべてにおいて「精度」がひたすら高いのだ。

決して運転が特別上手いわけではない筆者だが、なぜか現行A3スポーツバックに乗ると、

狙ったラインから(イメージ的には)1mmとズレることのないコーナリングを完璧にキメることができる。いやはや、なんとも凄い車である。

 

さらに感心させられたのは、微低速でのコントロール性の良さだった。

7段Sトロニックは、街なかの走行でも自然で滑らかな変速でドライバーを助ける。

アウディというとどうしても高速道路やワインディングロードで気持ちよく走ることを優先して求めてしまうが、

生活の中で便利な道具として使うことをきっちり考えて作り込まれたクルマなのだ。

「R8」や「RS」モデルなど、アウディには先進的で特別なプレミアムモデルがある。

共通のテクノロジーが使われているA3は、気を遣わずにプライドを持って乗れるクルマだ。

デザインが最新のバージョンにアップしたことで、見た目の魅力も増した。

パーキングエリアで出会ったおじいさんから声をかけられるほどなのだ。

わかりやすいカッコよさを持ちながら、同時に親しみやすいクルマなのである。

 

【 A3 スポーツバック 1.4TFSI 】スペック

 

アウディA3スポーツバック1.4 TFSIスポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4325×1785×1450mm
ホイールベース:2635mm
車重:1320kg
駆動方式:FF
エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:122ps(90kW)/5000-6000rpm
最大トルク:20.4kgm(200Nm)/1400-4000rpm
タイヤ:(前)225/40R18 92Y/(後)225/40R18 92Y(ブリヂストン・トランザT005)
燃費:19.5km/リッター(JC08モード)
価格:329万円/テスト車(オプション付きのため)=432万円

テスト開始時の走行距離:934km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:396.2km
使用燃料:28.0リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:14.2km/リッター(満タン法)/

 

マイナーチェンジ前のA3スポーツバックなら中古価格120万円からあるぞ

 

というわけで十分手の届く価格帯になってきました。

自分の条件にぴったりなのではと思うアウディA3スポーツバック1.4 TFSIスポーツですが、

狙いたいのは2015年式以降の装備が充実したタイプです。

現在は200万円以下でも狙えるものが出てきました。。。欲しい・・・。

 

と、その前に自分の車を売らなくてはなりません。

車買取・中古車買取査定いわゆるネットの一括買取査定方法は多様化しています。

例えばこちらの記事をごらんください。ネットオークションを代行してくれます。

 

車一括査定サイトはもう古い?!ネットオークション利用でもっと高額査定に!。

ただし、この中古車買取可能エリアは・・・以下の通りです。

・ 東京都全域
・ 神奈川県横浜市、川崎市、千葉県千葉市、埼玉県さいたま市などなど、
東京の近隣地域であれば、上記以外の地域でも査定を承ります。

カテゴリー
東京近郊エリアなら一番お勧め最新式
提携買取業者数が日本最大!
電話も査定も1回だけで500社に提示!
ズバット!!最大10社からの見積もり
9項目で簡単査定で10社から見積もり