車の買取査定価格の一括比較サイトと一番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

桜の次は「藤の花」今お勧めのドライブコース

桜の後に見たいのは世界一の藤棚

 

甲信越地区の日本は桜の見ごろはほぼ今週末でしょう。

関東地区より西の地域は桜はもうすでに終わったようですね。

 

これからは東北から北海道に桜前線が行きます。

これからお勧めの花といえばチューリップやつつじなどがあります。

 

しかし、香りも一緒に楽しめる「藤の花」の見所を紹介しましょう。

 

関東エリアなら「あしかがフラワーパーク」です。

あしかがフラワーパークとは?

栃木県足利市堀込町に 「早川農園」 として1968年に開園。以来 「250畳の大藤」 として愛されておりましたが、
都市開発の為 1997年に現在の足利市迫間町 ( はさまちょう ) に移設し、「あしかがフラワーパーク」 としてオープンしました。

 

園のシンボルである大藤は日本の女性樹木医第一号である塚本こなみ氏によって移植され、
大藤(当時樹齢130年)の移植は前例がなく常識を超えた移植プロジェクトに全国から注目を集め、日本で初めての成功例となりました。
大藤 4本 ( 野田九尺藤 3本、八重黒龍藤 1本 ) と 80m におよぶ白藤のトンネルは栃木県天然記念物に指定されており、
これらが見頃を迎える 4月中旬から 5月中旬の 1ヵ月間は 「ふじのはな物語~大藤まつり~」 が開催されます。

 

と言うことで只今「ふじのはな物語~大藤まつり~」が絶賛開催中です。

うすべに藤、むらさき藤、白藤、きばな藤、開花を少しずつずらしながら、その絵巻物語を演じつづけます。

 

 

さらにお勧めなのが、ライトアップされた「夜の藤棚」です。

光に照らされた藤棚のトンネルの美しさは息をのむほどです。

 

 

また、風が吹くたびにゆれる藤棚からは甘い香りが漂い、五感で花見を楽しむことができます。

甘い香りに包まれてデートするのもいいですね。

 

「ふじのはな物語~大藤まつり~」は現在開催中です。

あしかがフラワーパークは藤の花だけではないです。

 

4月中旬~5月中旬ですと藤・ツツジ・シャクナゲを楽しめます。

5月中旬~6月上旬ならバラ・シャクナゲ・クレマチスなどが楽しめます。

 

 

 

あしかがフラワーパークのホームページはこちらです。

あしかがフラワーパーク

 

あしかがフラワーパークのアクセスマップです。

 

どうせドライブに行くなら「新しい車で行きたい」なんてお考えの方に朗報です。

 

電話も査定も一社のみという簡単で煩わしくない「車一括査定サービス」のユーカーパックが

評判です。

 

詳細はこちらの記事を確認ください。

カテゴリー
東京近郊エリアなら一番お勧め最新式
提携買取業者数が日本最大!
電話も査定も1回だけで500社に提示!
ズバット!!最大10社からの見積もり
9項目で簡単査定で10社から見積もり